新規事業のプロフェッショナルです

大手企業の新事業イノベーションの失敗は、「既存事業のやり方」を新規事業に適用してしまうことが主な要因です。

既存事業は過去の経験やグローバルナレッジなど知識経験が活きるため、戦略・計画が重要です。一方、新規事業はどうしても不確実な要素が残ってしまうため、素晴らしいアイデア、戦略・計画、アイデアだけでなく、実行フェーズでのトライアンドエラーが非常に重要になります。

プライマルは新規事業の専門集団として、2000年より400案件以上に携り、その経験から、新規事業の特性にあった独自のアプローチ方法を開発してきました。

数少ない新規事業の専門家、プロフェッション集団として皆様の新規事業開発プロジェクトを粘り強く、強力に支援します。

新規事業支援実績:メディア・ネット分野、テクノロジー・IT分野、ライフスタイル分野

事業の実現/拡大に主眼を置いています

『良いアイデアを思いついた。』『素晴らしい技術が出来た。』

それは新規事業成功の第一歩です。しかし、事業成功の十分な条件ではありません。

驚くことに、卓越したアイデアや技術であればあるほど、すでに成功したような錯覚に陥ってしまい、事業開始まで辿り着けないことが多いのです。

我々はアイデアから実行までを3つのフェーズで捉え、実行フェーズに必ず到達するよう一気通貫で支援します。

よくある失敗例:すばらしいスタートであったが、ピースが組み合わず、辿り着けない/プライマルの手法:逆算して考え、行動することにより、ピースが組み合って実現できる

事業実現後の最適な成長も支援します。

新規事業は「企画の実現化」、「オペレーション」、「クライアントやユーザーの受容性」、「競合・代替の動き」など、事業の実現後にトライアンドエラーを繰り返しながら収益性のあるビジネスモデルに変化させていく必要があります。

事業開始後も、事業の環境変化や、現実に即して柔軟に対応しなければならないのですが、「事業計画」の呪縛に囚われて、最適な事業拡大ができないことが多くあります。

我々は新規事業に対するマネジメントの意識変革から、事業環境に合わせ「設計された挑戦とトライアンドエラー」を共に遂行し、新規事業を収益ドライバーに成長させるまで、粘り強く支援します。

チームの一員となりプロジェクトを遂行します

新規事業は絶えず変化する環境やルールをすばやく感じ取り、対応させる必要があります。

そのためにはチームメンバー全てが、自分で考え行動し、さらに、数ある困難に直面したときに、お互いに精神的に支えあえる信頼を必要とします。

我々は一般的なコンサルティング会社とは異なり、自社新規事業を手掛けるなど、自らも事業のリスクをとる、自律的に推進する経験を積んだスタッフが大勢います。コンサルティングのプロジェクトだけでなく、実際の商売感覚と場数を踏んでいるスタッフが、事業パートナーとして知恵を絞り、皆様と行動を共にします。

プライマルは下請けにも教師にも留まりません。時に手足となり、時には頭脳となり、そして常にチームの一員として皆様と一緒に汗をかき、泥にまみれながら新規事業を遂行します。

他社の場合/プライマルの場合

お問い合わせ

ご質問・案件のご相談を希望される方は、以下「問い合わせる」よりお進みください。

問い合わせる