特許・先行事例調査

特許・先行事例調査とは、新規事業を計画するための現状分析の一環として行われる特許情報に基づいた調査・分析であり、その目的としては新規事業に付随する潜在的なリスクの把握という側面と、新規事業実現のための知見を獲得するチャンスという側面とが存在しています。

新規事業のリスク把握

新規事業で、どの競合も参入していないような市場であるのに特許調査がなぜ必要かというと、まだ市場が形成されていない場合であっても、関連する特許が存在するケースが多々あるからです。

仮に、考えている事業や製品の形態が他社の特許と抵触する場合、事業が立ち上がって軌道に乗ったとしても商品の差し止めや多額の損害賠償の請求など大きなリスクが発生することになります。

こうしたリスクを回避するためには、製品・サービスの仕様を固める前の段階で関連する分野の特許調査を実施し、調査結果を踏まえた上での商品・サービス開発を行うことが必要となってきます。

新規事業に活用できる知見の獲得

特許には様々な有用なデータが含まれています。そのデータの一つは、例えば他社が検討している新しいビジネスのアイデアです。特許の出願は通常事業の開始よりも数年前に実施されることが多いため、特許を見ることで他社が新規事業の候補として研究開発を行っているビジネスの種を発見することができます。

また、開発した新しい技術や商品の見込み顧客を発見できるかもしれません。なぜなら開発した技術などに興味を持っている可能性の高い企業は、すでにその技術に関連する領域において多数の特許出願をしている場合が多いからです。

更に、特許情報には発明者名も記載されていることから、研究開発におけるキーパーソンが誰かを把握することもでき、ピンポイントでターゲット顧客へアプローチすることが可能になります。

貴社が商品開発において悩んでいることがあるのであれば、その解決策となりうる技術を既に他社が有しているかを調査することも可能です。仮に有効な技術を発見し、特許保有会社よりライセンスを受けることができれば、開発期間の短縮や研究開発費の抑制といった効果も期待されます。