新規事業インタビュー記事紹介 ‐株式会社ASOBIBA‐

2015.01.30

こんにちは!
プライマルではこの度「新規事業インタビュー」の連載を開始いたしました。

この連載では、プライマルのコンサルタントが「新規事業を立ち上げられた方々」に直接インタビューを行い、その内容を記事形式でお送りしていきます。

今回ご紹介する第1回記事では、主に都内でサバゲーフィールドの設営運営を手がける、株式会社ASOBIBAの小林CEOにインタビューを行い、その内容をまとめています。
ASOBIBAが起業に至ったエピソード、ビジネスモデル、資金調達方法、さらには起業にあたってのアドバイスなど、起業や事業開発を考えている方にとっては、ヒントになる情報が盛りだくさんです。


株式会社ASOBIBA「日本初のサバゲーを世界に!」

ASOBIBA小林社長写真
ASOBIBA小林CEO写真

「サバゲー」をご存知だろうか。
サバゲーとは「サバイバルゲーム」の略で、トイガンを使い、専用の競技場(フィールド)において戦闘を模す対戦型のゲームである。株式会社ASOBIBA(以下ASOBIBA)は、小林CEOを中心とする6人の創業メンバーが2013年09月に設立し、主に都内でサバゲーフィールドの設営を手がける事でサバゲー振興に力を注いでいるベンチャー企業である。

手軽にサバゲーをやる場所がほしい

ASOBIBAという会社が出来た経緯について、小林CEOは次のように語ってくれた。

「いつも遊ぶ仲間をサバゲーに連れて行ったら、みんなすぐに『面白い』ってハマってくれました。でも次の予約を取ろうとしたら、人気のフィールドは3ヶ月先くらいまで予約が埋まっているし、場所も(都内から距離のある)千葉に固まっている。そんな中、仲間の一人が『予約で3ヶ月待たされる遊びは……(続きはこちら


今後、続々とインタビュー記事を追加予定です。
このブログをお読みの方で、自らの起業エピソードを紹介したい、自社の新規事業を取り上げて欲しい、という希望ございましたら、ぜひ下記「新規事業インタビュー担当」までお問い合わせくださいませ。

■お問い合わせ先新規事業インタビュー担当:森泉
お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

タグ: ,