新規事業コンサルティング案件内容のご紹介

2014.04.04

こんにちは。プライマル コンサルタント池松です。
今回は、過去にご支援させていただいた新規事業についてご紹介いたします。

プライマルの特徴といえば、【新規事業に特化している】事です。
新規事業に特化しているとはいえ、具体的にどのような案件に携わっているのでしょうか?
コンサルタントにインタビューして参りましたので少しご紹介したいと思います。

海外案件が多い!

まずは海外案件が多い、という事です。
現在進行中でご支援している案件だけでも台湾・中国(香港)・タイに関わっており、過去にはベトナムやアメリカなどの数多くの実績があります。

内容としては、海外映画の普及についての調査や、海外から日本に来る訪日客に対して通信機器に関する商品を企画・販売するプロジェクト、または、都市計画を支援する現地調査などです。

都市計画は、全く何もない空き地に一から街を作るところからスタートします。最先端のIT技術を使ってスマートコミュニティを充実させ、利便性の整った環境になるように報告書を作成したそうです。
ちなみにプロジェクト期間は3ヵ月でしたが、その間コンサルタントは海外と日本を行ったり来たりの生活で、何度も訪問するので旅費を安く済ませようと、中国やベトナムでトランジットしたり、安宿に宿泊したらシャワーからお湯も出ず…だったそうです。大変ですね。

プライマルの新規事業コンサルティングとは

プライマルの案件内容は多種多様です。
1年以上のロングスパンで活動する案件もあれば、3ヵ月で完了する案件もあります。
あるプロジェクトが完了すると、そのプロジェクトの今後の未来を創るために新たなミッションを託されたり、そのお客様から別案件をご紹介いただいたり、はたまた、全く別の案件へアサインされたりと、移り変わりは多様です。昨日までECサイトの立ち上げを行っていたかと思えば、翌日には海外の街創りを行っていたりするわけです。

(ちなみに、コンサルタントは1人1案件でなく、いくつかの案件を並行して行っています。話を聞いたところ、他案件を並行して行うときの秘訣は「決断を早くする事!」と言っていました。)

様々な案件に携わる事で幅広い知識を身につける事が出来るのがプライマルの新規事業コンサルティングの特徴です。

「毎日同じ事の繰り返しで飽きてしまった。もっといろんな事に挑戦したい!」とお考えの方にはうってつけの会社であると感じています。

ご興味を持って頂けた方は、是非弊社の【キャリア採用】にご応募ください!

お待ちしております。

タグ: ,