アライアンスカテゴリー まえがき

2008.08.15

”新規事業”と”アライアンス”

新規事業を具現化する手法として、「アライアンス」(業務提携、資本提携:M&A、出資等)は、昨今欠かすことのできないものとなっています。

しかし、アライアンス、特に資本取引が拘わるものは、その成功はとても難しいです。

当初シナリオが見えない場合、資本の理屈・関係性・政治が先行してしまったアライアンスをして、失敗してしまう。

当初シナリオがどんなに美しくとも、現業を運営する現場サイドとの軋轢や、それをうまく調整するコントローラーが不在し失敗。

あるいは、シナリオの「検証」が十分なされておらず、蓋をあけてみると、期待と大きくかけ離れた実態で失敗。等、数え出すとキリがないです。

更に、資本取引は証券会社等が間に入る等、商売としての理屈が介在することから、「限られた時間」で意志決定を迫られたりもします。

本「アライアンス」カテゴリーでは、新規事業とアライアンスに関して、提携関連記事の紹介を中心に、上記課題解決のヒントを探していけたらと思っています。

タグ: